子供のアトピー性皮膚炎

今回はアトピー性皮膚炎で来院された
 
小学4年生の女の子の症例をご紹介します。
 

 取り戻そう!薬のいらない健康な身体!!


アトピー性皮膚炎の症状が1歳過ぎから手の甲、口の周囲に現れ

始めたのをきっかけに、3歳半頃から漢方薬を服用、

ステロイド剤も塗布したりしなかったり・・・
 
他にもステロイド内服薬の服用や湿潤療法など・・・あらゆる方法を試されても

10歳の現在までアトピー性皮膚炎の改善には至りませんでした。
 

当治療センターへ初めて来院された時は、顔~頚部、体幹部
 
両肘・膝窩など全身に掻き傷や荒れが強くありました。 


 大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)

 
このように、生後間もないお子さんにアトピー性皮膚炎の症状が出た為

皮膚科へ行き、医師からステロイド剤等を処方され塗布する親御さんが

多いと思います。
 
しかしこの時期の赤ちゃん(生後半年~3歳くらいまで)は、

雑菌やウイルスの多い外界で過ごしてゆくのに必要な免疫力を

身につけていく期間であり、アトピー性皮膚炎の症状がでたからといって、

むやみにステロイド剤や免疫抑制剤であるプロトピック等を塗布し続けると
 
赤ちゃん自身の自己治癒力が減少し、免疫力の低下につながります。
 

 
当治療センターに来院されている患者さんで、この時期に薬剤を塗布した

影響により、大人になってから再度アトピー性皮膚炎の症状が

出始めた方も少なくありません。



page1_4_img1.jpg



現在の医学界ではアトピー性皮膚炎の治療方法は薬剤使用が中心です。

我が子を薬漬けにしたくないという御両親の想いも強く

初来院後、本人やご家族も納得の上でそれまで使用していた
 
外用剤(プラスチベース、ワセリン、キンダベート、リンデロンA)の塗布や
 
内服薬(アレグラ、黄連解毒湯)を一切中止されました。
 
薬剤を中止したことによる副作用やリバウンドをかなり恐れていた

様子でしたが、意外と本人は『そんなに痒くないし、楽だ』と

話していて少し拍子抜けしたようでした

(実はこういう例はかなり多いのです!)。
 


初来院から4ヶ月が経った現在、

顔の症状はほとんどアトピー性皮膚炎だと判らないくらい

潤いのある肌にになってきました!
 
頸部、肘・膝窩の症状は初回に比べれば良くなったものの
 
まだまだ改善の余地があるので我々はもちろん、患者さんご家族、

皆でスクラムを組みアトピー性皮膚炎の問題に取り組んで

いこうと思います!! 
 


次回はこの患者さんご本人と、ご家族の施術の感想をご紹介します! 



今年の夏も暑くなり、アトピー性皮膚炎の方は
 
痒みが強くなることが予想されます!
  
薬剤を使用しないアトピー性皮膚炎の改善なら

当治療センターまでご相談ください!!




【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談




川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)



子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

関連記事