「薬」=化学合成物である!!

「薬」の誤った使いすぎを自覚しましょう!

 「薬」=化学合成物である!


健康肌を取り戻すために最初に重要なことは、

実は、「薬」が自然治癒力を弱めているということを

よく知ることです。


何よりも、単純な肌の乾燥を、病的な「アトピー」に変えてしまった

「薬」の真実を知ることが大切でしょう。

アトピー性皮膚炎女性1


病院で治療に使われている薬剤は全て、

化学的に合成されたもの=化学合成物です。



「薬」という響きのよい言葉を聞けば、「病を治してくれるもの」だと考えがちですが、

薬剤は全て、化学的に合成されたもの=化学合成物であり、

むしろ、『化学合成物』と言った方がストレートな呼び方でしょう。


そして、病院で 「『化学合成物』をあげますので、

一日3回たっぷり体に塗ってくださいね!」

と言われたら、

あなたはどうで思うでしょうか?!



小児科で、自分の大切な赤ちゃん、子供に、

「毎日毎日『化学合成物』をたっぷり塗ってあげてくださいね!」

と言われたら、

あなたはどうで思うでしょうか?!



「ええっ!!ちょっとまってください!

そんなに塗って大丈夫ですか?」って

思いませんか?!



「ちょっとまってください!

うちの大切な子どもにおかしなことを言わないでください!」って

思いませんか?!




医薬品が発売されるまでには、数々の試験と動物実験を経て臨床実験によって、
国の認可基準を満たしたものだけが患者の手に渡ります。

しかし、医薬品は、「化学合成物」ですから、多かれ少なかれ、必ず副作用があります

副作用があるからこそ、その使用には、人体の仕組みや化学合成物について
一定の専門知識を備えた医師や薬剤師の管理が、原則として必要となるのです。

にもかかられず実際には、

薬剤(化学合成物)使用について医師や薬剤師の個別具体的な管理・指導があまりなされず、
症状で悩み、なんら専門的知識無く、「薬」は病を治してくれるもの!と単純に思っている
患者さんの手元に渡っています。


また、確かに、医薬品(化学合成物)は、一応国の認可を得ていますが、

事前に長期間・継続的にその医薬品(化学合成物)を人体に投与した事実のないまま
処方されているのが現実です。

特に現在、アトピー患者さんに処方されているステロイド剤やプロトピック剤などは、

未だ歴史が浅く、長期間・継続的に使用した場合にどのようなことが起こるか?

いわば生身の人間をつかった壮大な実験を試みていると言っても大袈裟ではないでしょう。



もしあなたが、

化学合成物を使用しないでアトピー性皮膚炎の改善を

望んでいるなら

お早めに当治療センターまでご相談ください!!


アトピー性皮膚炎女性2

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


 
【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談



子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)