アトピー性皮膚炎の改善①

アトピー性皮膚炎の改善 その①


先日、アトピー性皮膚炎で悩んでいる小学校6年生の男の子、

N君が来院されました。
 
N君は生まれた時からアトピーだったようで、小学校入学時に

一旦改善していましたが、約1年前から額に湿疹が出始め、

約1ヶ月くらい前から症状が顔中に広がりました。
 
   DSC056971.jpg
                   (初回来院時撮影)

初めて当治療センターに来院された時は、

顔にかなり強くアトピーの症状がでていて

特に額から目周囲、頬にかけて真っ赤になりひび割れ、滲出液も

かなり出ていました。
 
マスク等をしていても、顔というのは隠すことが難しいですし

思春期の男の子にとってはかなり精神的にも辛かったと思います。
 

このように、皮膚科でアトピーと診断され幼少期にステロイド剤等を使用し

その後の何年間は症状が出なかったにもかかわらず

急にまたアトピーの症状が出始める方は少なくありません!!

 
(N君も例外なくステロイド剤、抗ヒスタミン剤などを使用していました。) 


page1_4_img1.jpg


アトピー性皮膚炎で苦しんでいる方にはお分かりだと思いますが
 
薬を飲んだり塗ったりしても根本的な治療にはならず

アトピーは改善しません。


そして大多数の方は、ステロイド剤等を使用した事で起きるリバウンド現象に

苦しみ薬剤を手放せなくなるという悪循環に陥ってしまうのです・・・。




川井筋系帯療法では、最終的にはステロイド剤などの薬剤を使用せず
 
自己の治癒力を高めていくことでアトピー性皮膚炎を改善に導きます。


  (参考)
  ※アトピー性皮膚炎の薬に頼らない治療法


N君とお母さんは、色々な治療法を試してもアトピーが改善しなかった

こともあり、『薬剤を使用せず、自分の治癒力でアトピーを改善する』という

当治療センターの方針を受け入れていただきました。


実は、この「ご両親の理解」というのはとても大切で
 
特に小さなお子さんの場合は、どうしても親御さんの考え方や知識によって

アトピー治療の方向性が決まってしまうからです。
 
お子さんはステロイド剤や免疫抑制剤等の害の事など

知る由もないのですから・・・。
 

   大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


症状がひどい最初のうちは週に2回、来院されるのが望ましいのですが
 
N君は最初の1ヶ月は週3回通われていました。
 

また、ステロイド剤を多用してこられた方は、ミネラルの吸収阻害が起き
 
特にカルシウムとマグネシウムのバランスが悪くなるので筋肉が

硬くなりがちです。
 
そこで、当治療センターでおすすめしているサプリメントも摂取してもらい
  
家でもバランスの良い食事を心がけてもらいました。

  

その甲斐もあって、最初の1ヶ月で顔のジュクジュクしていた部位の範囲が
 
狭くなり、その下から新しく黄白色の肌が出てきました。
 


 。。。。。続く


 
【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談




川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)




子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)