薬に頼らないでアトピー克服を!

川井筋系帯療法各治療センターには、

病院でよくならなかった様々な痛みや症状の改善を求めて、
日本全国から患者さんが来院してます。

特にアトピー性皮膚炎に関しては、「身体のゆがみ」や体内栄養など
について、20年以上独自の研究を重ねており、症状改善の成果を
あげています。

そのため、薬に頼らないでアトピーを克服するため、遠方にもかかわらず
各治療センターに通う方々も少なくありません。


《アトピー患者さんの治験例》

アトピーステロイドのリバウンド

薬剤によるリバウンド状態 



アトピー完治

上の写真と同一人物 改善後(薬剤を全く使っていません。)



アトピー性皮膚炎やぜんそくなど根本原因は、現代西洋医学でも
解明されていません。

西洋医学では、アトピー性皮膚炎の治療にステロイド療法を実行して以来、
すでに40年以上を経過しています。


しかし、未だに多くの方々がその対処に苦しみ、

また近年ではステロイド剤使用の患者さんに与える影響が
社会的問題にもなっています。


昔は、「小学校へ上がる頃にはよくなる」といわれていたアトピーですが、

最近では、成人しても、いつまでたってもよくならない、

病的症状になってしまっています

これは、ステロイド剤や保湿剤などの「薬」と呼ばれる化学合成物の
安易かつ過剰な使用によるもの
と言っても過言ではありません。


もともとアトピーは、体質的要因によって、
皮膚に過剰な炎症症状が起こるもの
です。


したがって、

アトピーを克服するには、
ズバリ体質的要因を改善しなければなりません。



安易に薬(化学化合物)に頼らず、しっかりと体質的要因を改善して、
薬のいらない、健康で元気な日々を取り戻しましょう!



*アトピー性皮膚炎改善の基本的考え方

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)

 
【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談






子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)


薬に頼らない「アトピー性皮膚炎改善7つの鍵」マニュアル

川井筋系帯療法各治療センターには、病院でよくならなかった様々な
痛みや症状の改善を求めて日本全国から患者さんが来院してます。

遠方にもかかわらず、薬に頼らないでアトピーを克服するため
各治療センターに通う方々も少なくありません。


そこで、海外に住む日本人の方や遠方のため、なかなか当治療センターに
通うことができない方々からの強い要望で、遠方の方のお役に立つように
家庭でできるより実践的なマニュアルを作成しました。


オンラインe-book 「アトピー性皮膚炎改善7つの鍵」マニュアルです。


このマニュアルは、川井筋系帯療法各治療センターでの30年の治療実績、
臨床研究をもとに、各治療センターで患者さんに実際に行なっている指導
などをまとめた形で書いております。

アトピーに対する間違った常識、特に、薬剤の安易かつ過剰な使用により
かえって体の機能が弱められてしまっている事実や、患者さんをはじめ
医師側の認識の変化、社会的環境・認識の変化、本来の自然治癒力の
大切さを理解していただき、一人でも多くの方に、本来の健康体を取り
戻してもらいたいと思い書きました。


アトピーを改善する鍵は、

自然治癒力(免疫力&新陳代謝能力)を適切に発揮できるように
することです。

そのために「最も重要な7つのこと(鍵)」をまとめてあります。



この「最も重要な7つのこと(鍵)」を知らない、理解していない、
上手く実践できていないために、多くの方がアトピーに悩み苦しみ、
薬漬けの泥沼に陥ってしまっているのです。


「アトピー性皮膚炎改善7つの鍵」では、病院では教えてくれない
この「最も重要な7つのこと(鍵)」についてわかりやすく、
また、実践しやすく解説してあります。


当治療センターでの患者さんでもそうですが、

アトピーの方の皮膚の変化の仕方やスピードは、年齢や今までのアトピーの
経緯(いつ頃からか、薬剤の使用状況など)、現在の皮膚状態(発症部位や、
赤みやかさつき、かき傷の有無など)、生活環境(食生活や睡眠時間、スト
レス 状況など)により本当に様々です。


この点、何度もじっくりマニュアルをお読みいただき、皮膚のしくみや
自然治癒力(免疫力& 新陳代謝能力)を理解して、

あせらず、慌てず、心配せず、自分の「自然治癒力」というものを信じて、
がんばっていただきたいと思います。


この「アトピー性皮膚炎改善7つの鍵」マニュアルは、

私どもの直接販売ではなく、販売責任者「クオリティ」(担当:大黒圭太)が
管理する別サイトにて販売しております。

販売サイトはこちら 「アトピー性皮膚炎改善7つの鍵」マニュアル


一般書籍に比べオンラインの簡易作成書籍ではありますが、

内容は川井筋系帯療法での治療実績と臨床研究からのフィードバック
ですので、きっとお役に立つのではないかと信じております。

・お子さんを薬漬けにしたくない方
・病院でステロイド剤を勧められた方
・ステロイド剤を使用してもよくならない方
・ステロイド剤をはじめ薬剤を止めてもよくならない方
 など

是非実践して健康的な肌を取り戻していただきたいと思います。

atopymanual.jpg


インターネット限定特別販売 電子書籍

販売サイトはこちら

「アトピー性皮膚炎改善7つの鍵」マニュアル

一般の書店では手に入りません。悪しからずご了承ください。


アトピー性皮膚炎改善の基本的考え方

病院(西洋医学)では、アトピー性皮膚炎にステロイド剤による
対症療法を実行して以来、すでに40年以上を経過しています。


しかし、患者さんは減少するどころか年々増加ており、

近年ではステロイド剤使用(副作用)による患者さんへの
大きな影響が社会的問題にもなっています。


それは今まで「正しい方法」とされていた「常識」に
大きな間違いがあるからではないでしょうか?!

「皮膚表面の症状を抑えれば、よくなるから」と
安易に薬剤を使っていませんか?!



特にアトピー性皮膚炎や喘息などは、

細菌やウィルス感染、組織変化など特定原因によるものと異なり、

「体質的要因」によるものとされています。

「体質的要因」とは簡潔に言うと、

体の機能が適切に発揮できていない状態です。



「体質的要因」に基づくアトピー性皮膚炎やぜんそくなどの

根本的解決には、

やはり「体質的要因」の改善が最も重要なことであり、

結果的に最も早く健康な状態になれるのです。


それには、栄養バランスの欠如、疲労、睡眠不足、精神的ストレス、
身体的ストレスなどが大きく影響していて、

実は「身体のゆがみ」も身体的ストレスの大きな要因
になっています。



川井筋系帯療法治療センターでの28年間の治験例の分析では、

アトピー性皮膚炎やぜんそくの患者さんの95パーセント以上に、
共通した類型的な骨格形態(身体のゆがみ)があります。



すなわち、立位で体を前または後から見ると、

右の骨盤が上がり、右の肩が下がっています。

また、脊柱は胸部で左凸に弯曲しています。



atopic8.jpg

写真:改善前


atopic12.gif


この骨格形態は、生後2~3週間で発症している新生児と
成人であっても同様です。


*アトピー性皮膚炎患者さんの類型的な骨格形態(身体のゆがみ)


川井筋系帯療法治療センターでは、

この共通した不健康な骨格形態を可能な限り自然が設計した健康的な
形態に整復することで、全身の身体機能を適切に活性化させるとともに、

独自の生体科学理論の実践によって、人間が本来もつ自己自然治癒力
(免疫力および新陳代謝能力)を発揮できる体質に改善しています。


atopic9.jpg

写真:改善後(両肩、骨盤共にほぼ水平になる。)


ステロイド剤やプロトピック剤は、人工的に合成したホルモン剤で
免疫抑制(人間の自然治癒力を低下させる)作用が目的の薬物です。


しかし、川井筋系帯療法は、反対に免疫力(自然治癒力)を高めること
が目的であり、西洋医学とは治療法と目的が全く異なります。


薬剤に頼らず、アトピー性皮膚炎やぜんそく改善に高い実績があり、

これまでに大変多くの方々が、薬(化学化合物)のいらない
健康で丈夫な身体、日常生活を取り戻しています。


お子さんを薬剤漬けにしたくない親御さん、
病院でステロイド剤を勧められた方、
ステロイド剤を使用してもよくならない方、
ステロイド剤をはじめ薬剤を止めてもよくならない方など、

一緒にがんばりましょう!



*大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


*子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

30年の実績ある骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/



お子さん達の未来のために

こんにちは、川井筋系帯療法船橋治療センターです。


船橋センターには、平日の夕方や土曜日、日曜日などに
小さなお子さんの患者さんが多く来院します。

そのほとんどがアトピー性皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎などを
お持ちのお子さんです。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患をお持ちの方には、

長年の研究結果によると多くの方に特徴的な「身体のゆがみ」があり、

それを手技でソフトに整えることにより、体質の改善を行なっています。

*アトピー性皮膚炎改善の基本的考え方



ブログ00496_convert_20100127113922


私たちは、施術前にお子さん達やご両親達と今の身体のこと、

これからの変化や改善、日常の生活の注意などさまざまなことを
お話しします。
(お子さんによっては今日の学校での出来事など気軽にお話しします)

ブログ00512_convert_20100127114106


そして施術は小さなのお子さん達が早く元気を回復するために
一生懸命、真剣に施術を行います。


お子さん達も今までにぎやかだったのが、無言で施術を受け
しばらくすると気持ちの良いため、ぐっすり寝てしまします。


小さなお子さんの身体は元気になろうとする力(自然治癒力)が、
大人以上にあると思います。



私達が身体を整えることにより、

本来の自然治癒力を十分に発揮出来る環境を整えてあげれば、

お子さんの体自身に力がつき、お子さんの未来は変わります!


お子さんのアトピー性皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎などで
お悩みの親御さんは、ぜひご相談ください。


お子さんの未来のために、いっしょに
薬のいらない健康で丈夫な身体にしてあげましょう!!



川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)



*子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

30年の実績ある骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopyseitai/



宮城県から通院しているアトピー患者さん

川井筋系帯療法各治療センターには、病院でよくならなかった様々な
痛みや症状の改善を求めて日本全国から患者さんが来院してます。

特にアトピー性皮膚炎に関しては、体の歪みや体内栄養などについて
20年以上独自の研究を重ねており、症状改善の成果をあげています。

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


そのため、薬に頼らないでアトピーを克服するため、遠方にもかかわらず
各治療センターに通う方々も少なくありません。

宮城県仙台市からも新幹線を使ってさいたま新都心治療センターへ
通院しているアトピー患者さん(女性)がいらっしゃいます。


先週の金曜日、宮城県ではM9という未だかつてない巨大地震、
東日本大震災と巨大津波があり、甚大な被害が生じました。


当日は、関東圏の各治療センターでも揺れが激しくあり、
ビルからの早期退去や帰宅が困難となった患者さんの
搬送などをおこないました。

我々スタッフも交通機関のマヒのため、
徒歩で何とか帰宅したものや帰宅が午前零時を過ぎた者、
帰宅ができず治療センターに泊まった者もいました。

ただ、翌日(土曜日)からは、各治療センターとも通常通り開院
するとともに、予約が入っていた患者さんで連絡が取れなかった
方々の安否確認作業をおこないました。


最大の被災地となった宮城県から通院していたアトピー患者さん(女性)
にはずっと連絡が取れず、安否不明の日々が続きました。


しかし、震災から1週間経った昨日、

彼女から「無事です!」

との連絡がありました!!



残念ながら、お宅は倒壊してしまったようですが、


「東北新幹線が復旧したら、また

川井筋系帯療法治療センターに通院します!」



とおっしゃっていました。



本当によかった。とりあえず無事で何よりです。

また、前に向って、一緒にがんばりましょう!!



【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*治ってよかった!患者さんの感想


大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


*子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

30年の実績ある骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopyseitai/


雑誌『女性自身』極みのでゴットハンド12人に掲載

人気雑誌『女性自身』で

《極みのゴットハンド12人》に掲載されました。

2011年11月15日号(11月8日発売)

jyoseijisin1.jpg


肩こり・腰痛はモチロン!
アンチエイジングまでお任せ!!


jyoseijisin2_convert_20111109090742.jpg



「モアレ写真」で歪みを分析、肩こり、腰痛に加え
ぜんそくやアトピーも改善


jyoseijisin3_convert_20111109090928.jpg



【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談



川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


*子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

30年の実績ある骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopyseitai/



年末年始の休院お知らせ


年末12月30日(金)~新年1月5日(木)まで

川井筋系帯療法各治療センターとも休院します




【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*治ってよかった!患者さんの感想



川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


*子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

30年の実績ある骨盤ゆらゆら整体:川井筋系帯療法治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopyseitai/



アトピー性皮膚炎の青年 その1

今回のご紹介する患者は、アトピー性皮膚炎の青年です。


大学生の彼は、幼い時からアトピー性皮膚炎をわずらっており、

来院当初の皮膚の様子は

顔、頚部、胸部、背部、肘、手首、膝、足首が

炎症をおこし赤みをおびていました。



とても強いかゆみがあるため、かき傷もたくさんあります。

また、手足の皮膚がひじょうに分厚くなっています。


これは皮膚の改善するスピードがかなり遅いことを意味しています。

そして、子供の頃からステロイド外用剤を塗布し続けてきたのです。



ステロイド外用剤は炎症を抑える働きがありますが、

本来は副腎で作られるホルモンを人工的に作った化学化合物で

これを塗布し続けると徐々に自分の副腎皮質ホルモンを分泌しなくなり

ステロイド外用剤もそのたびに強いものとなり

最後には皮膚の炎症を抑える効果がなくなってしまいます。




また、ステロイド外用剤には免疫機能を抑制する働きもあり

本治療目的である自己の自然治癒力を高揚させ身体の機能を

活性化し、皮膚状態を正常な状態していくことと相反することに

なりますので、出来るだけ早期にやめていくことが望ましいのです。



ただし、前記の様に副腎の働きが抑制されている状態で

突然やめてしまうと、

俗に言うリバウンド状態がひどくなりやすいので

その方の薬の使用量、使用期間及び環境や精神状態などを

考慮して薬のやめかたを指導することになります。


*アトピー性皮膚炎の脱ステロイドとリバウンド 参照



この青年の場合は、ステロイド剤を長期間使用していましたが

学生であり、また精神状態が安定しているので多少の辛さは

乗り越えられると見込み、本人の希望もあり

一気に薬の使用を中止することにしました。


続く。。。。





【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*治ってよかった!患者さんの感想



大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)



子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)


アトピー性皮膚炎の青年 その2

「アトピー性皮膚炎の青年 その1」の続きです。


話の流れで先にステロイド剤のお話をしましたが、

肝心の骨格を確認することを怠ってはいけません。


彼の場合、立位で後姿を見てみると、

やはり骨盤は右に上り、肩は右が下がっています。

「やはり」と書いたのは、こちらに来られるアトピー性皮膚炎の患者の

95%がこの様な身体の歪み方をしていて、歪みが少なくなるに従い

皮膚状態も改善していく傾向があるからなのです。



この身体の歪みが及ぼす影響を研究しても大変有意義だと思いますが、

察するに内臓の機能低下や神経圧迫及び血行不良しいては

精神状態にまで影響を及ぼすことは容易に考えられます。


そして、それらの不調の結果が皮膚に現れているのであって

身体が正常に機能するようになれば皮膚も良くなっていくのは

当然といえるでしょう。



施術はいつもの様に股関節角度、骨盤、脊柱の配列を整えていくのですが

腰痛などの痛みとは違い、すぐに皮膚状態が改善される訳ではありませんし

日常生活の癖で整えた身体のバランスを崩しやすい為

定期的に整えていく必要があります。



治療期間は、人それぞれ千差万別ですがステロイド剤のリバウンドが

無ければ、1ヶ月~2ヶ月ぐらいから皮膚状態に改善傾向が見られる

のが普通です。


続く。。。。




【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談





川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)




子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

アトピー性皮膚炎の青年 その3

2回に分けてお話をしてきました「アトピー性皮膚炎の青年」です。


ステロイド剤を中止した為の激しいリバウンドは起こりませんでしたが

四肢の皮膚が厚く、少し大げさに言えば象のようになっているものですから

なかなか思うように改善しませんでした。


それでも1年の間、定期的に身体を整えに通った彼の気持ちには

一緒にがんばってきた我々としても頭が下がります。


劇的な改善はなく丁度1年が過ぎようとしていた頃にやっと

顔、頚部、胸部、背部の赤みが少なくなりはじめ、

その3ヶ月後には肘、手首、足首の順で皮膚の改善が見られるように

なりました!


通われて1年6ヶ月後には膝の赤みを残し他は良い皮膚状態になり

厚く硬かった皮膚も弾力のある柔らかい状態に戻ることができました。

そして、その3ヶ月後には膝の赤みもだんだんと少なくなっていきました。


彼の場合、薬を使用している期間が長かった事と皮膚状態が良くなかった事

が治療期間を長期化させた訳ですけれども「良くなりたい」と願い、「良くなる」と信じて

通われて本当によかったと思いますし、我々としもとてもうれしいです。


自らの健康体に戻る力(自然治癒力)を信じて

焦らず、恐れず、一喜一憂せず。

未来の自分のために。。。。



アトピー性皮膚炎の薬に頼らない治療法





【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談



大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)



子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)


子供のアトピー性皮膚炎

今回はアトピー性皮膚炎で来院された
 
小学4年生の女の子の症例をご紹介します。
 

 取り戻そう!薬のいらない健康な身体!!


アトピー性皮膚炎の症状が1歳過ぎから手の甲、口の周囲に現れ

始めたのをきっかけに、3歳半頃から漢方薬を服用、

ステロイド剤も塗布したりしなかったり・・・
 
他にもステロイド内服薬の服用や湿潤療法など・・・あらゆる方法を試されても

10歳の現在までアトピー性皮膚炎の改善には至りませんでした。
 

当治療センターへ初めて来院された時は、顔~頚部、体幹部
 
両肘・膝窩など全身に掻き傷や荒れが強くありました。 


 大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)

 
このように、生後間もないお子さんにアトピー性皮膚炎の症状が出た為

皮膚科へ行き、医師からステロイド剤等を処方され塗布する親御さんが

多いと思います。
 
しかしこの時期の赤ちゃん(生後半年~3歳くらいまで)は、

雑菌やウイルスの多い外界で過ごしてゆくのに必要な免疫力を

身につけていく期間であり、アトピー性皮膚炎の症状がでたからといって、

むやみにステロイド剤や免疫抑制剤であるプロトピック等を塗布し続けると
 
赤ちゃん自身の自己治癒力が減少し、免疫力の低下につながります。
 

 
当治療センターに来院されている患者さんで、この時期に薬剤を塗布した

影響により、大人になってから再度アトピー性皮膚炎の症状が

出始めた方も少なくありません。



page1_4_img1.jpg



現在の医学界ではアトピー性皮膚炎の治療方法は薬剤使用が中心です。

我が子を薬漬けにしたくないという御両親の想いも強く

初来院後、本人やご家族も納得の上でそれまで使用していた
 
外用剤(プラスチベース、ワセリン、キンダベート、リンデロンA)の塗布や
 
内服薬(アレグラ、黄連解毒湯)を一切中止されました。
 
薬剤を中止したことによる副作用やリバウンドをかなり恐れていた

様子でしたが、意外と本人は『そんなに痒くないし、楽だ』と

話していて少し拍子抜けしたようでした

(実はこういう例はかなり多いのです!)。
 


初来院から4ヶ月が経った現在、

顔の症状はほとんどアトピー性皮膚炎だと判らないくらい

潤いのある肌にになってきました!
 
頸部、肘・膝窩の症状は初回に比べれば良くなったものの
 
まだまだ改善の余地があるので我々はもちろん、患者さんご家族、

皆でスクラムを組みアトピー性皮膚炎の問題に取り組んで

いこうと思います!! 
 


次回はこの患者さんご本人と、ご家族の施術の感想をご紹介します! 



今年の夏も暑くなり、アトピー性皮膚炎の方は
 
痒みが強くなることが予想されます!
  
薬剤を使用しないアトピー性皮膚炎の改善なら

当治療センターまでご相談ください!!




【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談




川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)



子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

アトピー性皮膚炎の改善①

アトピー性皮膚炎の改善 その①


先日、アトピー性皮膚炎で悩んでいる小学校6年生の男の子、

N君が来院されました。
 
N君は生まれた時からアトピーだったようで、小学校入学時に

一旦改善していましたが、約1年前から額に湿疹が出始め、

約1ヶ月くらい前から症状が顔中に広がりました。
 
   DSC056971.jpg
                   (初回来院時撮影)

初めて当治療センターに来院された時は、

顔にかなり強くアトピーの症状がでていて

特に額から目周囲、頬にかけて真っ赤になりひび割れ、滲出液も

かなり出ていました。
 
マスク等をしていても、顔というのは隠すことが難しいですし

思春期の男の子にとってはかなり精神的にも辛かったと思います。
 

このように、皮膚科でアトピーと診断され幼少期にステロイド剤等を使用し

その後の何年間は症状が出なかったにもかかわらず

急にまたアトピーの症状が出始める方は少なくありません!!

 
(N君も例外なくステロイド剤、抗ヒスタミン剤などを使用していました。) 


page1_4_img1.jpg


アトピー性皮膚炎で苦しんでいる方にはお分かりだと思いますが
 
薬を飲んだり塗ったりしても根本的な治療にはならず

アトピーは改善しません。


そして大多数の方は、ステロイド剤等を使用した事で起きるリバウンド現象に

苦しみ薬剤を手放せなくなるという悪循環に陥ってしまうのです・・・。




川井筋系帯療法では、最終的にはステロイド剤などの薬剤を使用せず
 
自己の治癒力を高めていくことでアトピー性皮膚炎を改善に導きます。


  (参考)
  ※アトピー性皮膚炎の薬に頼らない治療法


N君とお母さんは、色々な治療法を試してもアトピーが改善しなかった

こともあり、『薬剤を使用せず、自分の治癒力でアトピーを改善する』という

当治療センターの方針を受け入れていただきました。


実は、この「ご両親の理解」というのはとても大切で
 
特に小さなお子さんの場合は、どうしても親御さんの考え方や知識によって

アトピー治療の方向性が決まってしまうからです。
 
お子さんはステロイド剤や免疫抑制剤等の害の事など

知る由もないのですから・・・。
 

   大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)


症状がひどい最初のうちは週に2回、来院されるのが望ましいのですが
 
N君は最初の1ヶ月は週3回通われていました。
 

また、ステロイド剤を多用してこられた方は、ミネラルの吸収阻害が起き
 
特にカルシウムとマグネシウムのバランスが悪くなるので筋肉が

硬くなりがちです。
 
そこで、当治療センターでおすすめしているサプリメントも摂取してもらい
  
家でもバランスの良い食事を心がけてもらいました。

  

その甲斐もあって、最初の1ヶ月で顔のジュクジュクしていた部位の範囲が
 
狭くなり、その下から新しく黄白色の肌が出てきました。
 


 。。。。。続く


 
【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談




川井筋系帯療法ホームページ

大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)




子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)

 
 

大人のアトピー性皮膚炎も改善へ

大人のアトピー性皮膚炎
 
当治療院には、肩こり腰痛の症状でお悩みの方がたくさん来院されますが
アトピー性皮膚炎の症状でお悩みの方も数多く来院されています。

『えっ!?整体でアトピー??』

と疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが
小さなお子さんから大人の方まで、その年齢は幅広いです。
 
  DSC02168.jpg
  (骨盤・股関節を中心とした『骨盤ゆらゆら整体』施術風景)


なぜアトピー性皮膚炎が整体で改善するのでしょうか?

もともと、アトピー性皮膚炎の根本原因は『体質的要因』とされていますが

本来であれば子供の頃にアトピーの症状は消えて
大人になる頃には正常な肌になるものでした。

 (参考)大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)
 

しかし、近年は食生活の欧米化や、環境の変化、
仕事のストレスなどにより、大人になってから
アトピー性皮膚炎が再発するケースが多くなっています!

kayui.jpg

今回は、生まれつきアトピー性皮膚炎の症状があり
良くなったり悪くなったりを繰り返し、最近では薬剤によるリバウンドが
起きるなど、長年に渡るアトピー性皮膚炎で苦しまれたものの
改善された30代男性の患者さんの感想をご紹介したいと思います。

  img004_20150116104504c1c.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生まれた時からアトピー性皮膚炎があり、子供の頃から良くなったり
 
悪くなったりをずっと繰り返していました。

大人になるまではそこまで酷くはなったことがなかったのですが
 
25歳くらいからアトピー性皮膚炎の症状が悪化しだしました。

今までは肘や膝にしか症状が出ていなかったのですが
 
この頃から顔や首、お腹や手足など全身に出てきてしまい

接客業ということもあり、ステロイドを塗らざるを得ない状況で
 
全身に毎日大量のステロイドを塗っていました。

30歳くらいで症状がさらに酷くなり、とうとう仕事もままならなくなった頃
 
母親から、自分が通っている整体でアトピーも良くなると聞き
 
半信半疑ながら通ってみようかなと思いました。
 
しばらくは良くなったり悪くなったりの繰り返しで

正直心が折れそうな時もありましたが、今ではすっかり肌もきれいになり
 
アトピーだったと分からないくらいまで改善しました。
 
少し時間はかかると先生方には言われていましたが
 
それでも根気強く通ってよかったです。
 
本当にありがとうございました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

川井筋系帯療法に来院されるアトピー性皮膚炎の患者さんは
色々な皮膚科に通い、良いと言われる治療法を試し、それでも改善されなかった
患者さんがほとんどです。

ですから、『薬を使わず整体でアトピー性皮膚炎
改善されるなんて半信半疑』と思われる方も少なくありません。

しかし、私達の理論をしっかりと理解して頂き、身体の状態を整えていければ
アトピー性皮膚炎大人の方でも改善に向かってゆくことでしょう!!
 
  
薬剤を使用しないアトピー性皮膚炎の改善なら

お早めに当治療センターまでご相談ください!!


大勢います!アトピーを克服した方々(実証写真)

 
【ブログカテゴリー】
*川井筋系帯療法治療センターの紹介
*アトピー性皮膚炎改善のポイント
*アトピー性皮膚炎改善の写真
*アトピー性皮膚炎の改善体験談



子供から大人まで!薬に頼らずアトピー性皮膚炎を改善へ!!

病院でよくならなかった人の為の整体院:川井筋系帯療法治療センター
http://www.kawaikinkeitai.co.jp/atopy/


東京渋谷のアトピー整体院:川井筋系帯療法・東京治療センター

横浜のアトピー整体院:川井筋系帯療法・横浜治療センター

船橋のアトピー整体院:川井筋系帯療法・船橋治療センター

札幌のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・札幌センター(ヤマヤセラピー)

大宮のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)

名古屋のアトピー整体院:川井筋系帯療法式・名古屋センター(ふくやす整体院)